恵方巻きの由来

ここでは、「恵方巻きの由来」 に関する記事を紹介しています。
タイトル
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 今日は節分 毎度の事ながら晩ごはんは恵方巻き。

今日だけは、晩ご飯を考えなくてもいい お節みたいな感じで

ママさんも、晩ご飯のメニューを考えなくて良いと 喜んでます。


昨年はみーちゃんに邪魔されました。

 毎年の事ですが、こう言う時 日本人を感じますねぇ

今晩は、この巻き寿司とおそばといわしが晩ご飯でした。


僕の分だけ とりあえず パチリ!

恵方巻きP108012801320


落花生で豆まき・・・・みーちゃん用です。


落花生04


落花生02





  昨年も書きましたが、最近では、コンビニチェーンのおかげで 全国に広がってますなぁ

①恵方(2008年は南南東)を向いて、目を閉じ、願い事を思い浮かべながら。
②途中でやめず、一気に食べ切る!
③食べている間は、終始無言で!・・・・・コレが結構大変



 今晩は、あっちこっちで、こんな感じで大口開けて

いただきまーす!

ちなみに下の写真は、お酢屋さんとこで お借りした写真です。






ところで、恵方まきの由来ですが 

 旧暦の大みそかに当たる節分に「福を巻き込む」「縁を切らない」の意味を
 込め、恵方(今年は南南東)を向いて無言で丸かぶりする恵方巻き。

 といわれてますが、さて いつから始まったかはあまり知られてませんねぇ

別に日本古来からの風習ではありません。

大正時代に 大阪で海苔の卸し問屋の三男坊だったのが山路さんという方

2月というのは一年で一番海苔が売れない時期であり

どうにか海苔を売ることができないだろうかと考え、

海苔の販売拡大に恵方巻きのキャンペーンをはじめたのが始まりですが

 その山路さんというのが、現在空港売店などでも売ってる 

大阪名物 冷凍の たこやきの「たこ昌」の先代社長です。

まあ アイデアでココまでにしたのは 凄いですねぇ。


 
大変励みになりますので
よろしければ、下記のみーちゃんを ポチっとお願いします。


down1
みかんバナー
みかんのパパは、神戸 の住人です。
キジトラ 猫 小梅 ねこぱんち 猫ひろし


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんにちわ

もう殆ど意味のないコメントになりました・・・・

すいません。

ありがとうとうございました
2008/02/17(日) 18:55 | URL | みかんのパパ #-[ 編集]
猛ちゃんにもよく豆まき邪魔…じゃなくて、手伝ってもらいました。
寝起きならお面も付けさせてくれましたからね^^
2008/02/07(木) 00:51 | URL | しえる #-[ 編集]
みかんちゃんは落花生で、
鬼は外ですか(⌒▽⌒*)/★
可愛いわ!

恵方寿司もおいしそうな出来ですね!!
2008/02/05(火) 00:10 | URL | saruninko #EwQfQFIE[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。